ふぇちくらぶ

ふぇちくらぶ

サイト紹介

胸の谷間をよじのぼる現代の日本にはさまざまな風俗店が存在します。
ヘルス、ホテヘル、デリヘルなどさまざま業種が存在し、若い女性、熟女など幅広い年齢層の女性と遊べます。
プレイ内容も店舗ごとにさまざまで、今や風俗店は男性の欲望の数だけ存在するとも言えます。どんなにマニアックな性癖でも、
それを望む男性が一定数存在する限りは対応した風俗店があらわれるでしょう。
男性の性欲が消えないかぎりは、風俗店の進化もとどまる所を知りません。

風俗店を進化させる男性の性欲を呼び起こすものはさまざまです。
例えば女性の裸体。女性の裸体に性的な興奮を覚える方がほとんどですが、どこの最も興奮するのかは人によって異なります。
女性の胸に興奮するのか、おしりに興奮するのか、性器に興奮するのか、一般的にはこういったものに分かれます。
中には鎖骨や二の腕といった、本来は性行為に絡んでこない部位に興奮を覚える特殊な男性も存在します。
他にも裸ではなく靴下を履いていたほうが興奮する男性もいますし、性欲を喚起される場所は人それぞれ異なるのです。

このように個人的に特に強い性的興奮を感じさせる特殊なものを「フェチ」と呼びます。
大阪にはさまざまなフェチの男性のために、普通では考えられないような風俗店が誕生しつつあります。
ヘルス、ホテヘル、デリヘルなどさまざまな風俗の業種が存在しますが、それぞれの業種にそれぞれのフェチに対応した風俗店が存在します。
京橋、ミナミ、日本橋など、大阪の風俗店の激戦区を探せばさまざまなフェチのお店を見つけることができます。
このサイトでは京橋、ミナミ、日本橋の各地域に存在する、フェチを刺激するお店を紹介します。
また、現代人が抱えるさまざまなフェチについて深く紹介していきます。

数えきれないほどのフェチがある

谷間でペンを挟む一言でフェチと言っても、内容はさまざまです。
一般的に使われる「フェチ」という言葉はかなり広い意味で使われています。
たとえば女性の身体において、胸やおしり、性器に関してはほぼすべての男性が興奮を覚えます。
これは通常の男性の反応と言えるでしょう。
しかしその中でも特に胸が好きな方は「おっぱいフェチ」になりますし、おしりが好きな方は「おしりフェチ」になります。
そしてこのフェチは時に細分化します。わかりやすい例で言うと、「おっぱいフェチ」の中には巨乳をこよなく愛する「巨乳フェチ」と、
小さな胸を好む「貧乳フェチ」に分かれます。
極論を言えば、小さくても、大きくても、女性の胸に興奮をする男性が大多数です。
その中でも特に自分の性的興奮を昂ぶらせるものが固定されている場合、それはフェチと呼ばれます。

上述の例は好みの大小をあらわすために用いられる「フェチ」という考え方ですが、世の中には必ずしもすべての人が理解できるとは限らないフェチもあります。
一般的な例で言うと鎖骨などが挙げられます。
鎖骨は男女ともに存在します。特に性的な行為に鎖骨が絡むわけではないので、多くの人は鎖骨に対して何も思わないでしょう。
しかし鎖骨フェチの人にとっては、鎖骨は性的興奮の対象になります。
他にも二の腕や脇など、本来は性的興奮のきっかけになり得ないものに反応してしまうフェチもあります。

さらに突っ込んでいくと、攻撃的な振る舞いに性的興奮を覚える「サディズム」や、その逆である「マゾヒズム」など、行動に対するフェチや、
老人や小さな子供など、特定の年齢に対して覚えるフェチ、母乳や尿など、の身体から排出されたものに対するフェチなど、枚挙に暇がありません。
「個人的に強い性的な興奮を感じるもの」は全てフェチになりますので、フェチは人の数だけ存在するといえるのです。

フェチとは?

サンタコスと谷間今や一般的に使用されている「フェチ」という言葉ですが、実は本来の意味とはかけ離れた意味で使われています。
フェチという考え方を知るためには、本来の意味知っておいたほうが理解が深まりますので、今回は「フェチ」というい言葉の意味に言及します。

「フェチ」という言葉は呪術崇拝などをあらわす「フェティシズム」という言葉からきています。
これは宗教学の用語で、本来は何の力もない物質に対して崇拝を行う行為を指します。
狩猟採集時代の人類が貝殻に神が宿ると信じ、祈りを捧げていたことなどが本来のフェティシズムの意味にあたります。
フェティシズムが現在の性嗜好を指す言葉として使われだしたのは1887年で、アルフレッド・ビネーという精神学者の論文からです。
ビネーは「本来は性的な対象でないものに対して性的興奮を覚えること」をフェティシズムとしました。

この意味で言えば、よく言われる「おっぱいフェチ」は誤用になります。
おっぱいという部位はもとから性的な魅力を大いに孕んでいるので、「本来性的な対象ではないもの」というフェチの条件には当たりません。
では今の日本ではどういった意味合いで「フェチ」という言葉が使われているかというと、「特別に好きなもの」程度の意味合いで使われています。
日本でフェチという言葉が広く使われ始めたのは1990年代からで、主に青年雑誌等で使われたことから急速に認知度が高くなりました。
その結果本来の意味よりも少し弱い意味合いになり、特に強く性的な魅力を感じるものに対して「フェチ」という言葉が使われています。
体の一部、服装、しぐさなど、性的魅力に繋がるものは全てフェチとして扱われています。

ちなみに現代の精神医学の用語である「フェティシズム」は、上述の日本人の使用する「フェチ」とは異なる意味合いになります。
精神医学では深刻な性対象の歪曲をフェティシズムと呼びます。「おっぱいの大きい人が好き」ではなく、「おっぱいの大きい人でないと性行為ができない」というほどの
歪曲がある場合は、精神医学的に「巨乳フェチ」といえます。
本来であれば胸が大きいということは性行為の興奮を増大させる要因でしかないはずなのに、大きい胸そのものが性の対象になっている場合は注意が必要だと思っておきましょう。
この精神医学的なフェティシズムが社会的、職業的な障害になっている場合は、適切な治療を要する場合もありますので、専門の医療機関に相談すると良いでしょう。

理解してもらう

フェチを理解して貰う方法は?

特殊なフェチを持つ男性は、理解者が少ないことに悩みます。 フェチとは特に個人的なこだわりのことを指しますので、 …続きを読む

好きとフェチも違う?

好きとフェチも違う?

最近は「フェチ」という言葉が一般的になりすぎて、どんどん意味が薄れて行く傾向があります。 最近では「フェチ」と …続きを読む

ぽっちゃりマニア

大阪ぽっちゃりマニア 

フェチ風俗の中でも、特に偏ったジャンルといえば、やはりぽっちゃり風俗です。 ぽっちゃり風俗にはぽっちゃりしか在 …続きを読む

OPE

OPE

男性のフェチの中でも、あまり人に知られたくないものはマゾヒズムを孕むものが多いかと思います。 男性は女性よりも …続きを読む

壁から盗み聞きマニア

フェチとマニアは違う?

しばしば混同される「フェチ」と「マニア」ですが、両者の間には大きな隔たりがあります。 本来の意味を知り、正しく …続きを読む

SWEETPOINT

スイートポイント

匂いフェチの男性は、美人の女性の体臭が大好きです。 どういった体臭が好きかには個人差があるかと思いますが、どち …続きを読む

フェチの数

フェチは何種類位あるの?

フェチは何種類あるの?という質問をよく耳にしますが、その質問は的外れだと言わざるを得ません。 結論から言うと、 …続きを読む

SWEETLEGS

スイートレッグス-SweetLegs-

世の中にかなりの数が存在する足フェチですが、足フェチのためだけの風俗店はあまり多くありません。 足フェチ男性に …続きを読む

素直になれない二人

自分に素直になることが大切

特殊なフェチを抱える男性は、時に苦しみを感じます。 社会通念に背く行為に興奮を覚える自分に対し、自己嫌悪の気持 …続きを読む

最初から迫りすぎない

最初から突っ込み過ぎない

自分が何フェチかというのは、男性同士の飲み会では定番の話題の1つです。 おっぱい、おしり、足、脇など、男性には …続きを読む