理解してもらう

特殊なフェチを持つ男性は、理解者が少ないことに悩みます。
フェチとは特に個人的なこだわりのことを指しますので、多くの人間には理解されません。
それでもフェチを理解してもらいたい場合は、徐々に慣らしていく他ないでしょう。

特殊なフェチを理解してもらいたい場合は、関連するフェチからどんどん深めていきましょう。
例えばパンストを舐めたりする行為に興奮を覚える場合は、足フェチの話から入っていきましょう。
足の脚線美に関しては、一般的に性的興奮をもたらすと理解してもらいやすいです。
そして次にパンストを履いたほうが脚線美が美しくなることを説明します。
あとはどんどん発展させていき、「パンストの手触りが好き」、「パンストを履いてる足が好き」、「パンストが好き」、
「パンストを舐めたい」といった感じで理論を展開していきましょう。

もしも恋人とフェチプレイをしたい場合も、上記のように段階を踏んでいきましょう。
いきなりパンストを持ちだすと女性はびっくりしてしまいますので、まずは足の愛撫から始めましょう。
あとはマンネリの解消などを理由にパンストを持ち出し、徐々に慣れていってもらうしかありません。

ただ、フェチは特殊なものなので、どれだけ頑張っても理解を得られないこともあります。
特に女性に関しては性別の壁がありますので、理解し難いことも多いでしょう。
大切なのは無理に理解してもらおうと思わないことと、相手に強要しないことです。
どうしてもフェチプレイが楽しみたい場合は、フェチ系の風俗店で理解のある女性とプレイを楽しみましょう。
他にもSNSで理解者を探すなどの方法で孤独感を紛らわすと良いでしょう。
もちろん身近な人にわかってもらえるがベストなので、少しずつわかってもらう努力をしましょう。